店舗のご案内
通信販売法に基づく表記
お問い合わせ

ホーム 時計 宝石 結納 家紋額 限定品 イベント

御結納飾りコーナーへ
ロレックスブライダルコーナー”

御結納の儀式は、日本で昔から行なわれている婚約の儀式です。一例をご紹介させて頂きます。
左の図は
手前から(花婿・花嫁)
中央(両家の母)
奥(両家の父)

右の図は、玄関で出迎える所です

親族(親子)同士の結納式 女性の家では一同で玄関先まででむかえる。
床の間の前に結納を飾る。
目録・金子箱は自分の前におく。
【父親のあいさつ】 「このたび、可児家様の花子様と私どもの太郎に、よいご縁を承諾下さいましてありがとうございます。本日はお日柄もよろしいので、結納を納めさせていただきます。幾久しくお納めいただきますよう、お願いいたします。」

女性側は目録・金子箱を受け取り親族と共に拝見してお礼の言葉をのべる。

(女性側仲人)
「まことに結構なご結納を頂戴致しましてありがとう存じます。
幾久しく目出たくお受け致します。」

【婚約指輪の贈呈】 花婿と花嫁が前に歩み出て婚約指輪をつけてあげる。全員拍手。
【受書】 (女性側)
「只今はご結納を頂きありがとうございました。受書でございます。どうぞお納め下さい。」

花嫁がこぶ茶または、さくら茶をだす。
女性側は用意しておいた祝膳についていただきます。

結納返しと荷納め
結納品は本来新しい調度品を同時交換されたものですが、現在は折紙の色を変える事により新しくした事として、荷物と同時に婿方に納めます。
荷納め 男性側の家では一同で玄関先まで迎える
床の間の前に結納品を飾り所定の場所に荷物を飾ります。
1

両家一同着席

「ただ今より結納返しと荷おさめの式をとり次がせていただきます。」


2 仲人は結納目録と荷目録を男性側仲人に差し出し口上をのべる

(女性側仲人)
「本日はお日柄もよろしくおめでとうございます。式の日も間近にせまり両家様ともさぞお喜びの事と思います。又、本日は〇〇家様よりお荷物を預かり御持参いたしました。目録をおあらための上、幾久しく御受納下さい」

(男性側)
「本日は御多忙の所、荷宰嶺として御足労を賜りありがとうございます。結構なお道具をたくさん御揃え下さいまして喜びの他ございません。目録の通り幾久しくお受けいたします」

(女性側父親)
「本日は仲人様の御陰で無事荷物をおさめる事が出来まして大変嬉しく思います。どうぞ、今後とも幾久しくよろしくお願い申し上げます

3 男性側は荷受書を差し出す
男性側こぶ茶をだす
用意しておいた祝膳についていただきます

トップページへ戻る 〒444-1302 愛知県高浜市八幡町6-6-4
TEL 0566-21-2102 / FAX 0566-21-3881
ss@jewelry-sano.co.jp